株式会社スリーエフ
資料室 株式会社スリーエフ
地鎮祭
地鎮祭は工事を始める前に、その土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式です。その土地の氏神様の神主をお招きして、工事の無事や安全、そしてその家の繁栄を祈っていただきます。

四隅に青竹を立て、その間を注連縄(しめなわ)で囲って祭壇をつくり、
神職(神主さん)建築業者・施主の参列の上で行います。

お供え物をし、祝詞をあげ、お払いをして浄め、施主が初めてその土地に鍬(くわ)や鋤(すき)を入れます。

事前準備

 神社を決めます
もともとは、その土地の氏神様を祀っている神社が地鎮祭をしていましたが、最近は、最も近い場所にある神社に依頼することが多くなってきています。
スリーエフでは、最寄りの神社への手配も承っています。心当たりが無い方など、どうぞご心配なさらずに、お声をおかけ下さい。

 日どりをきめます
吉日を選んでおこなわれます。大安、先勝、友引の日です。暦を見て、これらの日の午前中に行います。出席する、お施主様、神職、施工会社の日程調整など、手配はスリーエフで行います。

 準備するもの
神職・・・祭壇の飾りには決まりがあります。手配はスリーエフで行いまが、ほとんど三方や祭壇などは、神社が用意して飾り付けを行います。

スリーエフ・・・テントや紅白幕、竹、砂、注連縄(しめなわ)はスリーエフで準備し、設営を行います。地鎮祭の最後に全員でお神酒を頂く時に使うかわらけ、半紙などもスリーエフでご用意いたします。盛り土、鋤、鍬、鎌もスリーエフで用意がございます。

お施主様・・・米、塩、清酒、水の他に、海の幸、山の幸、野の幸を用意します。海の幸はめで鯛の鯛を、尾頭付で用意します。そのほかにするめ、や昆布など乾物も用意します。 山の幸には果物を用意します。その季節に入手しやすいものを色どりも考えて、2、3種用意します。 野の幸は野菜です。これも季節にあわせ茄子やきゅうり、大根やニンジンなどを色どりを考えて用意します。

スリーエフでは、お供え物などの準備を代行して行うこともできます。この場合、式典終了後に費用の精算を行います。
初穂料・・・お施主様は神職への謝礼を用意します。この時に使うのは祝儀用ののし袋です蝶結びの赤白のお祝い熨斗袋に入れて、表書きの上段は、「御初穂料」。 下段は個人の場合は施主の姓、法人の場合は施主の社名を書きます。「御初穂料」「御玉串料」「御神饌料」「御礼」なども使われています。
個人で用意する場合の初穂料の金額の相場などは、スリーエフにおたずね下さい。
(2万円から5万円のことが多いようです。)


(設営の終了したところです)

地鎮祭の流れ

神様に捧げものをし、お祓いや祝詞をあげたあと、お施主様、施工業者が初めて鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。全体の所要時間は80分~100分くらいです。  
司会はスリーエフが行います。事前にご説明もさせていただきます。

1. ・全員が揃ったところで、司会者が儀式の開始を宣言します。
「ただ今より○○家の地鎮祭を執り行います」「○○マンションの地鎮祭を取り行います」など。

2. 修跋の儀(しゅうばつのぎ、しゅばつのぎ)
祭壇、土地、参列者をお清めします。神職が御祓詞(はらえことば)を唱えながら、ご神前、工事をする土地および参列者の身を浄めるためのお祓いをします。頭を垂れてお祓いを受けます。

3. 降神の儀(こうしんのぎ)
神様をお迎えします。神職(斎主)が神様を祭壇にお迎えします。

4. 献饌 (けんせん)
神様にお供え物をさしあげます。

5. 祝詞奏上(のりとそうじょう)
神様に祈りの言葉を捧げます。神職(斎主)が神様に工事の安全を祈る祝詞(のりと)を奏上します(読み上げます)。その間、一同は起立した状態で少し頭を下げています。

6. 切麻散米(きりぬささんまい)

神職が工事を行う土地を清めます。その間、一同は静かに待っています。


切麻散米を神職がしているところです。



7. 地鎮の儀(じちんのぎ)
その土地で初めて草を刈る「刈初(かりぞめ)」、初めて土をおこす「穿初(うがちぞめ)」、
初めて土をならず「土均(つちならし)」と行います。最後に神職が鎮め物を納めます。
設計者が「鎌」、施主が「鋤」、施工会社が「鍬」をもち、それぞれの動作をします。


鋤入れをしています。

8. 玉串奉奠(たまぐしほうてん)
玉串とは、榊(さかき)などの常緑樹の小枝に、紙のヌサ(幣)と言われるもの、をつけ、神前に供えるものです。祭壇にお供えし、二礼二拍手一礼をします。事前にやり方の詳しいご説明、リハーサルも行います。

9. 撤饌(てっせん)
神職がお供えものをお下げします。

10. 昇神の儀(しょうじんのぎ)
神職が神様に帰っていただくための儀式をします。その間は起立した状態で頭を少し下げます。
11. 閉式の辞(へいしきのじ)
地鎮祭の終了を告げます。参列者は一礼します。

12. 神酒拝戴(しんしゅはいたい)
用意した湯のみまたはかわらけで、祭壇にあがっていたお神酒を戴きます。

地鎮祭が終了したら

地鎮祭で神職が納めた「鎮め物」は、一旦、スリーエフでお預りして、適当な時期に地中にお納めさせていただきます。神棚の位 置が決まっていれば、その下ですし、或いは建物の中心になる場所の地面 にお納めするのが一般的です。

地鎮祭が終わったら周りの住民の方に、1,000~3,000円程度の菓子折りを持ってご挨拶に回ります。
スリーエフの現場担当者も同行してご挨拶をいたします。ご挨拶状は、スリーエフが工期や連絡先などを記入したものをご用意いたします。